Life Design Lab

何気ない日々を、少しだけ見つめ直してみる…

楽しく働くための『没頭力』

f:id:lifedesign-nakamura:20180526113919j:plain


おはようございます。
中村ゆずるです。


最近読みたい本がどんどん出てきて、積ん読気味です。そんな中、やっと読んだのがこの本!

没頭力 「なんかつまらない」を解決する技術

没頭力 「なんかつまらない」を解決する技術

「なんかつまらない」状態って、結構多くの人が思っていることなんじゃないかなと思っているんですが、その状態を解決するための方法の一つにこの『没頭』があるだと思います。



普段「楽しく人生を過ごすにはどうすればいいか」をテーマにしている自分ですが、「楽しく仕事をするにはどうすればいいか」という点は特に考えています。
先のTweetにもあるように、没頭できることを仕事にできたら、楽しく仕事をしていると言えるのではないか。と考えました。

そういえば、会社員時代の繁忙期は夜中まで残業するような日が少なくなく、忙しい毎日を送っていた時に思ったことがある。楽しい残業と、楽しくない残業がある。その違いは何か?と言われれば、今ならこう答える。

「没頭していたかどうかの違い」

お客さんのために、帳票を整理し、入力し、資料を作成する。その一つ一つの作業に没頭できた時、充実感や達成感、お客さんからの感謝の言葉が何よりの報酬となる。逆に、上司に急に仕事を振られて、会社の方針だから、とイヤイヤ残業をしていると雑念も多く、時間もかかり、達成感も感じられない。もちろん没頭なんてしていない。


大事なのは、没頭できることは人によって違うということ。
自分が没頭できることは何か知ること。没頭できることを仕事にできるように自ら動くこと。上司は部下の没頭できることを把握し、適材適所な役割分担をすること。そんなことが会社全体でできると、その会社に関わる人の幸福度はどんどん上がっていくのだろうな。

そんなことを考えていました。